2010年06月29日

明るく陽気にいきましょう!ヒッヒッヒッ!

これだけで芸人を特定できるアナタ、なかなか通です。
仕掛人から面白い情報が入ってきました。
大いに笑って健康になりましょう、という公演です。

◆笑って健康 ぴろき祭 part3
2010年7月20日(火) 場所:PLEASURE PLEASURE
(Mt. Rainier Hall・渋谷プライム6F)
昼の部 14:00〜 夜の部 19:00〜
チラシのコピーを載せておきますので、ぜひお越しを。
※掲載許可済
最近この方、NHKのレギュラーをもってますが、
私はBSに出ていた時分から知ってましたよ。

Piroki_front.jpgPiroki_back.jpg
※問い合わせはチラシに載っているところへお願いします。

posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月22日

大ヒット♪(2)

閑話休題。釣り以外の話も出しましょう。
あたかも梅雨の季節。日曜日、釣りに行く前に
近所の小岩菖蒲園へ行って目の保養をしてきました。

100622_4.jpg100622_7.jpg100622_8.jpg
100622_5.jpg100622_6.jpg

後半月は見ごろが続きます。入場無料。
散歩中のわんこが遊んでくれることもあります。

 

posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

大ヒット♪(3)

さて、再び釣りの話。行った場所は都留市田野倉付近の桂川。
20日はちょっと増水して、1週前のポイントが狙えなくなっていたので
当たりをつけておいた、ちょっと上流側の淵へ(といっても数十m)。
100622_11.jpg

釣りにかかったのが9時半前後。曇りだったのが幸いしたのか
先週以上に大ヒットして、ご覧のとおり。
100622_12.jpg
釣るのは面白いけど、一人で食べきれる量じゃないな(苦笑)
というわけで、この写真を現場からメンバーに送って、
よければ食べて〜、ということにしました。
この時点で何匹釣っていたか実は覚えていません。

で、写真中央より上に頭抜けて大きい魚がいますね。
これには2分ほども、めちゃくちゃ引っ張られました。
もぐったかと思うと、水面から30cmも飛び上がり、必死に針を外そうとします。
2回ほど空気を吸わせると勝負あり。あっさり玉網に収まりました。
入漁券を買いに行った場所で計測してもらいました。これを見よ!
100622_10.jpg
34cmってところです♪ モノサシ、つぎたしてるでしょ。
しかも体側の赤い斑点は、どうやらヤマメではなくアマゴ。
いや、衝撃でした。その場で年間パスポートを購入して、ついでにこの魚を
年間大物コンテストにエントリーしてきました。上には上がいて、
40cmのヤマメを釣った人がすでにいますけど、これもまだベスト10には入ってます。
古いつくりのWebサイトですが、桂川漁協のホームページはここ
サイト作りの手伝いでもしてあげたいところです。
放流のボランティアも受け付けているそうです。

これだけ好調だったんですが、午後に入ると全然釣れない。
ま、いつもの私からすればバランスが取れています。
やっとこの写真を見ながら、数を数えています。う〜ん、13匹。
100622_9.jpg

大急ぎで中身を出して、軽く塩をしてから
1匹ずつラップにくるんで冷凍庫に入れたら0時を回るところでした。
いや〜疲れたけど充実したなぁ。この大ヒットは縁起がいい。
コンサートにもっと多くのお客様が足を運んでくださることを期待して、
2週連続の大ヒット釣行記、いったん幕といたします。

続きを読む
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

大ヒット♪(1)

ここ2週間、週末になると釣りに出てました。
12日の土曜、〆切仕事を終わらせ、急いで車を走らせる。
わずか一時間半で、ペットボトルが11本。ヤマメとニジマスです。
もともと、魚というのは暗くなる間際になると活発に餌を追います。
100622_1.jpg
それはもう、入れたらズン、のくりかえしで♪
家族に差し入れてフライでおいしくいただきました。
だぼだぼのウスターソースが合うんだな。

はじめて足を踏み入れた場所での成果ですが
川原まで未舗装の急坂を下っていったら、
帰りは上がれなくなりかかって
冷や汗かきました(^^;

posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月23日

太ぇヤツぱぁと2

本日は雨をものともせず、いつもより早起きして強行出撃してきました。
前回の記事と同じ場所です。獲物はこの大物1匹。
雨が振り出す前に釣って帰ってこようと思ったら甘かった。
いつもと逆パターンで、山梨のほうが早く雨になり、見事ずぶぬれ。
今度は家で、メジャーを当てて測定してみました。
おろしてみるとこのオレンジ色の身の鮮やかさ。ほとんど鮭ですね。
同族だから当然とはいうものの。

太ぇヤツぱぁと2オレンジ色のニクいヤツサイズ測定

雨には雨のよさがあります。近くにある滝の水音に振り返ると、5月も末というのに藤の花が。
桜もいいけど、この風情もなかなか。
近くでは、種を収穫するのか、菜の花が今頃満開。

藤と滝藤の花菜の花


今年はまだ一度もヤマメの顔を見ていなかったので、10cmほどしかなかったけど
写真撮影の後、釈放。30センチオーバーの魚が食らう針と同じ針に食らいつく、
猛々しくも美しい生き物です。右は流線型つながりで、早く川からあがった暇つぶしで
リニア見学センターというところに行って、玄関前の写真を撮ってきました。
リニアの線路が目の前を通っていますが、走行実験は明日24日から28日だそうで、ちょっと残念。
ちびすけ10May23_003.jpg

続いて、家へ帰ってニジマスを捌くのと一緒に作った在庫整理メニュー。
オマケ料理
材料:鳥モモこま切れ(1枚分)・ジャガイモ細切り(小4個・千切りして水にさらす・メークイン推奨)
タマネギ(中1個細切り)・スナップエンドウ(八百屋で売ってる1パック単位・適当に塩茹でしてから
加えて炒める)・タンドリチキンスパイスミックス(適宜)・固形スープ(少量の湯で溶く・2個)・バター(きゃぁヤメテ、ぐらい入れても適宜death(ぉぃ))。スパイスミックスには塩が入ってました。

前に買ったメークイン、時間がたちすぎて新しい生命誕生、ぐらいのトコまで行っちゃったモンですから(苦笑)
スパイスも在庫処分ですが、お試しのときはカレー粉なり、ルーをお湯で溶いたものなり、ご自由に。

そういや、昨日の練習、昼飯どきになみちゃんと「スナップエンドウ」か「スナックエンドウ」かって
話になったんだよなぁ。「スナックエンドウ 名称統一 農林水産省」でググってみれば
一応「プ」が正式だけど、肝心の農水省の文書がWebで見当たらない。

したがって、厳密には出典不明の上孫引きです。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 17:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月05日

太ぇヤツ

100505-1.jpg


今日で連休も終わり。これはおととい行ってきて釣果ゼロだった
横浜本牧海釣り施設の終い際の夕焼け。

100505-2.jpg

ところ変わって、これは昨年秋に大物を仕留めた山梨県都留市内の
とあるポイント。やはり夕方がよかろうということで、暗くなる30分ぐらい前ですが
やってきてみました。結果は・・・ごらんのとおりの大ニジマス手(チョキ)
画像が大きめになってます。ケータイのかたご注意。


100505-3.jpg100505-4.jpg

成果はこの1匹だけでしたが、うちでサイズを測ってみると
A4の用紙から尻尾がはみ出しております。
どうりで上げるのにずいぶんとかかったわけだ。
左の写真はまだ生きている状態。氷でシメて持ってくると
ちょっと縮みますから、35cm程度のようです。

いくら放流しているといっても、ちょっとありえない。
養殖でもここまで育てるのに3年はかかるのです。
してみると、この近辺で越年して大きくなった可能性も。
警戒心も強いはず。クチビルにかかった針がそのことを
物語っています。

こういう大物ほど、針にかけた直後は反応が鈍い。

ミャク釣りといって糸は張ったまま流すので、かかると即手元に反応が。
魚にしてみれば、
「オレ今引っ張られてんだけど、なにかヘンなものでも食ったかなぁ」

というぐらいなんでしょうか。そのくらい最初は反応がうすい。
相手が釣られていることに気づくと、「あッ、ヤベェ」となって
突然めちゃくちゃに走り出します。あとは根競べ。

帰りはこの近辺の温泉施設でまったり。
気がついたら強力な蚊のやつに刺されて、今はちょっと腕が腫れてます。


posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月02日

黒大福

わんこ1わんこ2

先日、米を仕入れに松戸の市場へ足を運んだら
足元に黒い大きな固まりが2ヶ。黒いラブラドールでした♪

ここの常連さんが連れてきています。
犬に声をかけると、挨拶代わりにベロンとやられました。

このあと2匹ともスイッチが入って
あの巨体で跳ね回ってじゃれ合っていました。
犬を知らない人が見たら大喧嘩に見えたかも。

ここのコーヒー、おススメです。豆も売ってます。

かわりまして、昨日は夕方から本牧海釣り公園へ。
100502-3.jpg

一応、成果です。はじめて自力で釣ったアジ。
ちゃんと刺身でいただきました。コストだけ考えたら
大赤字だけど、自力でやりおおせたことに意義がある。
川釣りは場所によってどんな魚がいるか大体予測が付くけれど
海は何がいつ来てもおかしくないという可能性と意外性が楽しいです。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月18日

新タキシード

事の起こりは昨年末。ライヴが終わって片付けに入っていたときのこと。
しゃがんだところで、股座の辺りに不吉な音が。
絹を裂くような乙女の悲鳴というのはありますが
これはジーパンを裂くようなバアサンの悲鳴というヤツで。
風通しはよくなりましたが、中身が見えるほどではありませんでした。

・・・冗談言ってる場合じゃない。代わりを用意するにしろ、既製服の
入るような体格じゃなし(泣)
というわけで、燕尾服を舞台衣装にしていたとき、イカ胸シャツを仕入れていた

ファッション館 ホシノ さんに仕立てを依頼。
社長自ら仮縫いに出ていただきました。

s-DSC_0088仮縫い5.jpg s-DSC_0092仮縫い6.jpg 


4月17日にあったプライヴェート・ライヴの控え室にて。
これが完成品です。(撮影はえりちゃん

201004171825000.jpg

このタキシード、当方の注文でいくらか仕掛けがしてあります。
まず、何よりも機動性重視。旧タキシードの生地よりも
かなり軽くなっていますが見栄えと丈夫さは代わらず。
ライヴ会場で販売するDVDの映像で、かなり激しい動きであることを
ご理解いただいて(トルコ行進曲なんかそう)います。

それから、肩の可動範囲が大きくとってあります。
ベルを大きく振っても、着崩れにくい仕様となっています。
ボタンはくるみボタンにしてもらってあり、
楽器に当たっても雑音が発生しにくくなりました。

ちなみに、旧タキシードは、ファッション館 ホシノ さんの高い技術力で
裂けたズボンも含め一通りつくろってもらい、バックアップとして引き続き

使用可能になりました。

この店、Webサイトをご覧いただければ分かりますが、婦人服も取り扱っています。
ミュージシャン関係に、謹んでおススメ申し上げます。

新しい衣装とパワーアップした演奏で、舞台の上からお目にかかりましょう。

posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月04日

あー寒かった

花見ついでにいつもの山梨の釣り場へGO!
今年は渓流解禁後初めてです。桜の方、こちらでは八分咲きといったところです。
100404a.jpg

あんまり寒いんで帰ろうかと思ったところ、5分ぐらいでニジマス3匹。
まさかの電光石火。どうも、10日ぐらい前に釣り大会があったようで
生き残りをとっつかまえたんですね。オデコ(一匹も釣れないこと)を覚悟していたので
ラッキー。しかもそのうち一匹は25cmをちょっと越える大きさ。

100404b.jpg
満足して、渋滞を避け早めに引き上げです。川原で当たった焚き火がご馳走でした。

獲物のほう、いつもは塩焼きで食べてますが、
今日は3枚おろしにして粉をつけてフライパンで揚げ焼き。
醤油とバターと胡椒の三位一体はなかなか。

続きを読む
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月27日

本日もおいしゅうございます

本日のめにう。
ウルメイワシさんの視線に悩殺されて、3匹ほど刺身となめろうで。
小松菜の味噌汁、そしてビールとともに。

千葉県のほうで買ってきたおひたし用の菜の花は1束100円。
厚揚げ・豚コマ・しいたけ・にんじんとともに炒め合わせ、酒を振って
豆板醤混入。オイスターソースでうまみを加え、醤油で最終的な塩味をキメる。
味見はバカウマ。これは明後日のおべんと。近頃野菜が高いので助かる。

片手間に煮豚を作る。800gほど肩ロースの塊を買ってきて、2つに切る。
フライパンで表面をこんがり。これを、以前から継続使用している煮豚のたれに
入れて、圧力釜で湯煎。どんどん秘伝のたれになっていきます、ハイ。

明日のおべんと。茹でたブロッコリーは一株なんと75円。松戸の公設市場で
仕入れました。それからカジキの味噌漬け。自前で作ります。
これも松戸でマグロ・カジキの専門店で切り身を仕入れました。

自分で味噌漬けを作ると言うたら、店の人が感心してましたよ。
魚食の達人に褒められるのはいい気分です。

味噌を酒と味醂で伸ばし、醤油を少しだけ落としてうまみを加え
砂糖で甘さ加減を調節。カジキから水分が出るから、味噌をあまり伸ばしすぎない。
1、2日冷蔵庫で漬け込んだら、冷凍もOK。焼くときは一晩解凍してから、
油を敷いたフライパンやグリルで焼きます。
スーパーで売れ残った品物でも充分おいしくできます。白身魚全般に応用可能なテクニックです。

もっととことんやるなら、板昆布1枚入れとくという手もありますね。ぜひお試しを。
焼くときは焦げに注意です。
 

posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記