2013年08月31日

2013西海岸ツアー(終)

長かったツアーも、もうすぐ終わり。
今日はカリフォルニア州ロングビーチです。
日曜日なので、午前中2回、日曜礼拝に出席して
前奏と後奏を担当してきました。

ツアーというと、いつもホームステイ。
ホテルに泊まるのは、気分は楽ですが、
生のアメリカ人の生活の一部に入れてもらえること自体
そう滅多にあることではありません。実に意義深いことなのです。
見ず知らずの私たちを、一晩だけとはいえ家族同然の待遇を
してくださいます。そういう状況になれば、語学も身に着くよね。

礼拝が終わって、昼食をとって、今日は余裕があるかと思いきや
始まりが夕方4時からとだいぶ早いので、やっぱりぎりぎりです。
珍しく、魚系統のゴハン。

日曜日ということもあって、ソノスメンバーから数人
駆けつけてくれました。おなじカリフォルニア州といっても
数百キロからの長旅になります。

今日もスタンディング、いただきました!

終わってから教会の人たちとお食事。
(思えば演奏後に食事というのは今回これが最初で最後でした。)
プレゼント交換があって、別れを惜しんで。

そして目が覚めたら帰国の朝。教会の駐車場に一堂集まって
また別れを惜しみ、ハグをし、空港でキャシーとPLともお別れ。
もう、二人してきりくの一部ですよ。

これで帰国、ではなくいちど国内線でサンフランシスコへ飛びます。
もう一つハプニング。まず、ダイヤが乱れっぱなしで、飛び立つまで
駐機場を出てから1時間ほど機内で缶詰に。
そしてサンフランシスコへ着いたら、ロイスと旦那さんのデイビッドが
お出迎え!実はベルのケースを包むカバーがボロボロになってたので
途中で預かってロイスが直してくれたのでした。ものすごい早業。

セキュリティチェックを抜けて見えなくなるまで、見送ってくれたのが忘れられません。

機内で乾杯して成田に着いたら、自分が茶碗蒸しになったような日本の暑さ。
自分の車で楽器を倉庫に入れてから自宅に着いたら、激しい渋滞で夜中近く、
明日から仕事だと思うと一気に下界に落ちてしまった気分だったのを覚えています。

テキスト自体は、投稿できなくても書き留めていましたが
結局帰国してからになってしまいました。もう出発から数えても
ひと月たっています。これから、思い出したように写真など追加していきます。

そして山のようなコンサートが控えています。みなさん、お楽しみに。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73717748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック