2012年06月18日

そうさ匝瑳はテッパン釣り場

テッパンとは?ガチで成果の見込める釣り場のこと。
3ヶ月ほど通いこんでますが、そのきっかけになったのは、このビデオ。
現地の観光NPO法人が撮影して流してます。



もちろん、いつもこんなにいいなんてことはないですが、
3月末、初めて足を踏み入れた時には
夕暮れの1時間だけ竿を出して、イシモチが3匹ほどかかってしまったんだから、
これはスゴイということになる。
この匝瑳とうところ、ほかにも栗山川河口付近とか、堀川浜とか
イシモチの名所には事欠かないらしいです。

実際は、波の荒い時にやってきて、頭から汐をかぶったり
本命のイシモチは釣れずに、フグばっかりかかってきたりと
散々な目にあったほうが多いんですけど
釣れたときにはちょっと吹聴したいもの。そのつもりでお付き合い願います。

出撃した6月2日の成果一覧。イシモチが大小取り混ぜ1ダースぐらい。
それと、なぜかイシモチの仕掛けに使う大きな針に食らいついてきた
豆アジが3匹。イシモチの大きいのは25cmぐらいある、立派なやつです。
120602_221651_000.jpg

釣りをしたのはこんな場所。波の勢いを殺す目的で、船着場ではない
高い突堤が海の中に突き出しています。ヘッドランドというらしい。
120602_165904_000.jpg

ここから先は太平洋。広い海原俺のもの、みたいに見えますね。
120602_173842_000.jpg

本日の大物。70mぐらい遠投して、手前へ巻き戻してきたら
20mぐらいのところでいきなりズシン!
120602_172156_000.jpg

もともと向こう合わせと言って、相手が食らいつくのをお待ち申し上げる釣りなんですが
この時の感触は格別。ちなみに、置き竿にして食いつかれた時は
竿先が大きくガクガク揺さぶられます。
甚だしくなると、仕掛けが海底に到着する前に、手元に魚信が。

イシモチもこのぐらい大きくなると、刺身でも美味しいのは昨年紹介したとおり。
脂肪が少なくて冷凍しても味落ちが少ないので、かまぼこの会社でも
フィレにしたのを冷凍して原料のストックにしているそう。
それならと、ある程度まとまるまで冷凍して、自家製練り製品の料理を画策中。
気が向いたらレポートしてみます。

おまけは昨日、いつもの本牧で夕涼みがてらの釣りにて。
3kgぐらいあったのでエイ、とばかりに引っ張りあげました。
120617_160409_000.jpg
おあとがよろしいようで...
匝瑳はそうさ、と読みます。知っている人以外には難読漢字でしたね(^^;
去年の大震災で被害を被った旭市はお隣です。
少しでも地元にお金が落ちるよう、釣り餌と小道具は近隣で買うようにしています。
この、吉崎浜から県道30号線を15分足らず南に下ったところに1軒あります。

このへんの人は教え好きが多いらしく、軽い自慢方々、釣り方を親切に教えてくれます。
投げ竿の扱いがわかっていれば、気楽に出て行くのも悪くない。
紹介した映像のように、浜辺まで回ってくることもありますが、
ヘッドランドの上からだと、遠投一択に。そうすると、
足元のテトラポッド群に仕掛けを引っ掛けずに巻き上げるのには
竿は遠投の効く硬めで長いのがよろしいです。
私は乗っても滑ったりしないテトラの上に乗り、なるべく海に近づいて
取り込みにかかります。いわば「お立ち台」ですね。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56562749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック