2012年02月26日

釣りに行って「釣り」に使われた話

昨日2月25日の本牧行きは、小雨を突いての出動でした。
本牧海釣り施設公式サイトの釣果情報で、当該の日付を引くと
ちょうど魚が釣れてる写真が載ってますが、あれ、私の竿に
かかったやつです。

ネタはないかと、デジカメ持って見回っている、掛のおじさんに
協力を要請されました。隣の写真も、後でざるに並べただけです。
ちょうど通りかかったところで、ブルブルあたりがきて
上げたら写真のように。偶然とはいえ、悪くない気分ではありました。
ところがこの日は群れが小さい上に
潮の流れが速く、夕方近くまで粘ってもさっぱりダメ。
竿頭で30匹がやっとという有様。
後もう一桁どころかその10倍を越えることだって
ザラでない釣り場にしては、珍しいことでありました。

悪いことだらけでもありません。
ゴミ箱に捨ててあった、絡んだ仕掛けを手にとって見たら
ちゃんとほぐれて使えることがわかり、回収。
海底から引き上げられた糸に、ジェット天秤がくっついていたのを回収。
釣具屋で買うサビキと仕掛けが1本200円程度、
ジェット天秤が1つ450円ぐらいする品物なので、ちょっともうけです。
サビキ仕掛けの法は100均で、2本100円で売っているのもあります。
あれでもちゃんと魚は釣れます。

「釣られた」皆様、まことにゴクローサマ。
自然ですから、こういうこともありまさぁね。
(海釣り施設のコメントが実に微妙です(笑))
お次はがんばりましょう!
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54167985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック