2011年08月03日

行ってきました! エストニア Part 6

2日目のお話がもう少し。
演奏が終わったあとは舞台に上って演奏者同士情報交換。
110626_013.jpg

片づけが終わったらもう一度アルシス・ハンドベル・スクールへ。
参加者一同で、ワインなど軽く一杯。デジカメなので、やたら明るく見えますが
この時点で夜10時半を回ってたと思います。
110626_014.jpg

うちのみんながいなくなったので、あわてて飛び出したのはいいとして、
歩く方向を間違ったのに気がついたのは、5,6分歩いてから。
右へ行けばいいのに左へ行っちゃった。
幸い、旧市街はぐるっと一周すれば戻れることがわかっているので
ぶらぶら歩いて見たら、これが結構遠かった。ホテルまで1時間近く歩いたかな。

途中でタリン駅に突き当たりました。車両のセンスが日本の40年ぐらい前かな。
蒸気機関車の静態保存もありました。気分は思わず「タリンの車窓から」。
SLのほうは動輪が5つもあって、日本で言えばD51の倍ぐらい図体のありそうな代物。
ボイラー点検用のフタでしょうか、先頭の丸い部分にもうひとつ小さい丸い鉄のフタが
ボルト締めで止まっているのが特徴的です。
110626_015.jpg
110626_016.jpg

さすがに暗くなりかかってきました。観光名所のひとつで、監視所兼トーチカのようなもの、
太っちょマルガリータといいます。
110626_017.jpg

ぐるり一円、公園のような感じなのですが、ところどころにあるおトイレが
すべて有料。悪いコトをする人がいないわけではないんでしょうか
料金を入れてドアを閉めても、20分後には開く、と警告が書いてありました。

小一時間歩いてホテルについたころには足がパンパン。翌日は野外ライヴです。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47127354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック