2011年07月31日

行ってきました! エストニア Part 5

もう7月も終わりですね。お話のほうはまだ2日目だったりします。

午前中、リハーサルを済ませたあと、Tallinn Town Hall Squareへ。ソノスの面々と再会です。

110626_008.jpg

ここは6月26日の午後、オープン・エア・コンサートの会場に。
特設ライブステージで参加団体が2曲ずつ持ち曲を披露し
Bells Art の開幕を告げます。

110626_007.jpg

その昔は、市場から娯楽まで、市民生活に深くかかわっていたというこの広場。
娯楽の少なかった時代のこと、処刑も一般大衆へのガス抜きのようなものでした。

110626_009.jpg

すっかり観光地化してます。こんなマトリョーシカの着ぐるみまで。

広場前のレストランで、ソノスの面々とお食事。
ニシンのグリルに果物のソースをあわせて。
ビールの昼酌がことのほかよく効きます。Sakuというんだけど
たまに日本でも飲んでみたくなります。
110626_010.jpg

ソノスのメンバーのユッカが、実はこっちのほうがルーツで
彼とエストニアで一杯やるのを楽しみにしてました。
前回の日本ツアーのときは、ツアー中ずっと日本のビールで通したって。

こっちはサーモンのグリル。
110626_011.jpg

こちらの方はアルシス・ユース・アンサンブルのメリリンさん。
舞台衣装だろうけど、赤いドレスがものすごく似合ってます。
今回きりくのツアーガイドについてくれました。
コンサート会場の受付からきりくのCD,DVDの売り上げの面倒まで
すっかりお世話になりました。多謝!
110626_012.jpg

このあとが本格的にフェスティバル日程。
この日は夜になってからホスト役のアルシスのコンサートを観戦(!)
写真を撮るものではないので写真で紹介できないのが残念ですけど
一言でいってパワフル。歌が入ると本領を発揮します。
Web動画では伝わりきらないとは思いますが、
アルシスの演奏風景がこちらから見られます。
この日の演目とは違いましたが、彼らの実力の一端をご覧あれ。
合唱だけでも超がつくほどの絶品。
(実際に合唱だけの演目もありました)
この歌のパワーと表現力を、ベル単体でも実現できたら。
世界は実に広い。今回の旅行の一番の収穫だったと思います。

いちど日本できりくとツアーができたら、と思います。
私、こういう言い方はめったにしませんが、
お金を出して日本に呼んでも損はしないと思います。
プロモーション会社の方、いかがでしょうか!

明日26日からはジェットコースターなみに仕事の嵐!
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47045922
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック