2011年03月19日

大震災一週間

東日本大震災から一週間。これ以上不幸な人々が増えないことを祈るばかりです。

揺れの瞬間、きりくは野方WIZホールで本番前のリハーサルにかかるところでした。
ホールが地下構造だったため、揺れ自体は大きかったものの被害らしい被害は無し。
しかしながら鉄道を中心に交通が麻痺したのと、安全が保障しきれないことで中止を余儀なくされました。

日ごろから、保存食を食生活のローテーションに入れながら在庫を更新するようにしているので
買いだめには走らないで済んでいます。厚着するなどして極力暖房もカットするつもりです。
実際、灯油もガソリンも、買いだめに走る人々のせいで、入手しづらくなっています。
スーパーも在庫不足から営業時間短縮などの措置に入っています。
私の居住地域では、一部の路線で間引きどころか全日運休になる路線も出ました。

みな同じように困っているところで勝手を言えば村八分の心理が働いて抑制が効くものの
ある程度自由が利いてしまう状況下では、逆によからぬ人間が跋扈しやすいと感じたしだいです。

更なる損害には警戒しながら、普通に働いて普通の生活を送る。
それが被災地域の人々のためにもなるのだと思います。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43913614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック