2010年04月18日

新タキシード

事の起こりは昨年末。ライヴが終わって片付けに入っていたときのこと。
しゃがんだところで、股座の辺りに不吉な音が。
絹を裂くような乙女の悲鳴というのはありますが
これはジーパンを裂くようなバアサンの悲鳴というヤツで。
風通しはよくなりましたが、中身が見えるほどではありませんでした。

・・・冗談言ってる場合じゃない。代わりを用意するにしろ、既製服の
入るような体格じゃなし(泣)
というわけで、燕尾服を舞台衣装にしていたとき、イカ胸シャツを仕入れていた

ファッション館 ホシノ さんに仕立てを依頼。
社長自ら仮縫いに出ていただきました。

s-DSC_0088仮縫い5.jpg s-DSC_0092仮縫い6.jpg 


4月17日にあったプライヴェート・ライヴの控え室にて。
これが完成品です。(撮影はえりちゃん

201004171825000.jpg

このタキシード、当方の注文でいくらか仕掛けがしてあります。
まず、何よりも機動性重視。旧タキシードの生地よりも
かなり軽くなっていますが見栄えと丈夫さは代わらず。
ライヴ会場で販売するDVDの映像で、かなり激しい動きであることを
ご理解いただいて(トルコ行進曲なんかそう)います。

それから、肩の可動範囲が大きくとってあります。
ベルを大きく振っても、着崩れにくい仕様となっています。
ボタンはくるみボタンにしてもらってあり、
楽器に当たっても雑音が発生しにくくなりました。

ちなみに、旧タキシードは、ファッション館 ホシノ さんの高い技術力で
裂けたズボンも含め一通りつくろってもらい、バックアップとして引き続き

使用可能になりました。

この店、Webサイトをご覧いただければ分かりますが、婦人服も取り扱っています。
ミュージシャン関係に、謹んでおススメ申し上げます。

新しい衣装とパワーアップした演奏で、舞台の上からお目にかかりましょう。

posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ジーパンをひきさく…
ワロタ(笑)

福田さん…少しお痩せになりました?


…ダイエットは明日からとか言って〜…( -_-)ジー

自分だけ痩せやがりましたね?(笑)

今年はハンドベルの公演に伺おうと思っております(=^▽^=)

中学生になった娘達と、今から楽しみですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)



Posted by まるたさん at 2010年05月05日 23:12
ぃぇぃぇ、サイズのほう全然変わってません。
タキシードのおかげでありましょう。

比較用に、太目のわんこと太目の魚の写真をのっけておきましたけど(^_^)
Posted by 福田 義通 at 2010年05月07日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37194284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック