2013年08月14日

2013西海岸ツアー 10日目

ベーカーズフィールドの会場は、やたらと敷地が広かった。
お世話になったお宅までもが、めったやたらと広かったのです。

それもそのはず、主要な産業といえば、ほぼ油田だけ。
土地はだだっ広いけれど、ほぼ雨の降らない土地柄とあって、
土地代が安く、広い家が建てられる由。
灌漑用水があってそれなりに農業もやっているし、歩道の芝生もきれいだけど。

このころになると、ポートランドでのコンサートの評判が伝わってました。
ベーカーズフィールドからポートランドまで先に見に行ってくれた人がいたんです。
この「ベーカーズフィールド・カリフォルニアン」という地元の新聞記事

今度はサンディエゴへ移動です。
続きは追記します。しばらくお待ちを。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

旅の後始末

ツアーから帰ってきて早くも一週間。投稿が途絶えちゃってます。
忙しいのと暑いのと。まるで浦島太郎になってしまったような気分。
ちょっと生存表明しておきましょう。

IMG_20130813_234038.jpg

上はツアーで過酷に使い倒した、たかこちゃんのラゲージ。車輪がパーに
なってしまったので、交換工事。もとからあった車輪の軸は
金鋸で切断。ガラというか土台だけにするとこんな感じになります。
この旋回する土台が壊れていたらご臨終ですが
さいわい、大型ホームセンターで、ぴったりはまる別の車輪が見つかり
こんな風に仕上がりました。

IMG_20130814_053319.jpg

車軸代わりにステンレスのボルト。軸の通る車輪の内側の穴が、
樹脂でできていて、そのまま使っていると削れてオシャカになるので、
寸法ぴったりの細い鉄パイプが通してあります。穴の直径6ミリに対し
パイプの直径は6.3ミリ。万力で無理やり押しこんだら、ぴったりイン♪

ナットの方は普通のナットに高強度ねじ結合剤を塗って永久結合しました。
一度固まると、ねじ回しでは外せません。何かあったらまた金鋸。
中身がゴムぎっしりの丈夫な車輪なので、次に交換が必要になる前に、
たぶんラゲージ本体が寿命になります。これはなかなかものですぜ。
posted by きりく・ハンドベルアンサンブル 福田 義通 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記